同善会について
  • 理事長挨拶
  • 法人概要
同善会クリニック(外来)
  • 診療内容・時間
  • 医師紹介
  • 予防接種料金表
  • 健康診断料金表
  • 特殊外来
  • 設備紹介
  • 外来リハビリ
同善病院(入院)
  • 院長挨拶
  • 入院について
  • 面会時間について
  • 医療連携室
  • 入院リハビリ
リハビリテーション
  • ようこそリハビリ科へ
  • リハビリテーションサービス
  • 入院リハビリ
  • 外来リハビリ
  • インソール(入谷式足底板)
  • リハビリ科の取り組み

法人概要

ホーム > 同善会について > 法人概要

法人概要

外観

法人名称 医療法人社団 同善会
所在地 東京都台東区三ノ輪2-12-12[運営サポート事務局、同善会クリニック]
東京都台東区三ノ輪2-7-5[同善病院]
代表者 【理事長】林 健太郎
連絡先 【運営サポート事務局】03-3801-6187
ホームページ http://www.dozen-hp.com/

施設基準

平成27年11月1日 回復期リハビリテーション病棟入院料1
平成22年 7月1日 休日リハビリテーション提供休日加算
平成22年 7月1日 リハビリテーション充実加算
平成24年 4月1日 初期加算
平成18年10月1日 療養病棟入院基本料1
平成18年 4月1日 入院時食事療養(機
平成22年 4月1日 脳血管疾患等リハビリテーション(供
平成22年 4月1日 運動器リハビリテーション料(機

同善会のあゆみ

同善会は明治19年より尋常小学校、保育園などの運営を通じ、社会福祉活動を積極的に展開して参りました。平成18年には創立120周年を迎え、「同善病院」「同善会クリニック」の両院を運営し、地域に密着した医療サービスを提供することを目指しております。

明治19年11月 下谷区(現台東区)北稲荷町盛雲寺庫裡内14坪にて久保田量壽氏 小学校の授業を開始
明治22年 5月 同善尋常小学校と称し認可を受ける
明治32年 6月 下谷区山伏町に分校を設置
明治37年 1月 財団法人 同善会 設立
明治43年10月 山伏町より三ノ輪町に移転
大正12年 9月 関東大震災 火災を免れ163世帯延べ7893名収容 罹災者の救護に努力
大正12年10月 久保田量壽氏死去 鵜飼俊成 同善会の事業を継承
昭和 5年 4月 保育園を創設 毎日給食を行う
昭和 9年 3月 同善尋常小学校廃止
昭和 9年 8月 園舎40坪を増築
昭和10年 4月 八幡学園東京出張所附設 精薄児相談事業開始 相談員八幡学園町 久保寺保久氏 早稲田大学教授戸川由行男氏 園長鵜飼俊成 他
昭和16年 7月 保育園を戦児託児所と改称
昭和20年 2月 東京大空襲により東京大部分焼土と化す 焼失を免れた園舎で戦災者収容援護 緊急宿泊延2416名 生活援護186名
昭和22年   下谷戦災者援護相談所開設 職業補導部開設
昭和23年 7月 児童福祉法による保育園認可(都で2番目)
昭和25年11月 高松宮殿下御台臨
昭和31年   同善病院 開設
昭和31年12月 創立70周年記念式 高松宮同妃両殿下御台臨
昭和41年 4月 創立80周年記念式 園舎新築落成式 高松宮同妃両殿下御台臨
昭和55年 1月 鵜飼俊成園長死去 鵜飼恵美園長就任
昭和59年 7月 園舎遊戯室午睡室増改築
昭和61年11月 創立100周年記念式
平成 8年12月 創立110周年記念式
平成18年 2月 同善病院を医療法人化
平成19年10月 同善会クリニックを開院
平成21年 1月 同善病院が回復期リハビリテーション病棟として認可
平成25年 3月 財団法人 同善会 解散
残余業務は医療法人社団同善会が引き継ぐ

地域連携

東京スカイツリー様々な医療機関等からの転院相談に真摯に対応し、早期に入院して頂いております。
入院中も紹介元病院等と連携し、ご自宅へ退院される際にはサービス担当者やケアマネージャーさんと当院の各担当スタッフが一同に集まり、“退院カンファレンス”を開催して患者様が安心して住み慣れた地域に戻れるように、また、リハビリで回復した機能を日常生活に活かせる様に話し合って、退院後の生活を支えています。

トップへ戻る

お知らせ採用フォームサイトマップ個人情報保護方針