同善会のリハビリテーション

けがや病気を発症をされた方は病院や外来施設のある医療機関に受診します。入院か通院かは異なりますが、リハビリは必要に応じて様々な場所で受けることができます。
同善会では、受傷または発症後から維持期にいたるまで、幅広く患者様と関わることができます。上記の図のように、患者様ひとりひとりに継続してリハビリテーションを提供できるよう努めています。

365日体制の回復期リハビリテーション

回復期リハビリステーション病棟では、急性期を過ぎてもサポートが必要な時期の患者様を対象に受け入れ、家庭復帰を目指して集中的なリハビリテーションを実施しています。
当院では、食事や着替え、車椅子からベッドに移るといった日常生活の動作でも、患者様の能力を最大限に活かせるようにアプローチを行なっています。動作方法の確立をしたり、介助の方法をリハビリスタッフ・看護師・介護士で徹底するなど、様々な工夫も積極的に行なっています。さらに、月1回実施しているカンファレンスでは他職種間で情報交換を行い、患者様の退院後の環境を考慮した話し合いをしています。
尚、回復期リハビリテーション病棟は、入院対象となる疾病及び入院期間が決められていますので、詳細は入院案内をご確認ください。

リハビリテーションの部門紹介

当院のリハビリテーションは、歩行や基本動作能力などの改善を目的とした理学療法、日常生活動作に密着した作業療法、コミュニケーション能力及び摂食嚥下能力の改善を目的とした言語聴覚療法によって構成されています。これらを患者様の症状やニーズ等を考慮しながらバランスよく組み合わせ、スタッフ間の連携の下にプログラムを作成します。

理学療法

歩行や基本動作能力の改善

脳血管疾患や運動器疾患により身体に障害のある患者様のために、運動療法や物理療法を行っています。痛みを軽くしたり、関節を動きやすくしたり、筋力をつけたりすることで、日常生活における寝返り・起き上がりや歩行などの質の向上を目指します。

作業療法

日常生活動作に密着した内容

作業療法では、生活そのものに着目し、食事やトイレ・入浴といった日常動作、家事や仕事などの社会生活での動作を考えてリハビリテーションを行い、患者様の能力を最大限に生かせるように、お手伝いをいたします。また、高次脳機能の向上を目的とした、机上での訓練も行っています。

言語聴覚療法

コミュニケーション能力及び摂食嚥下能力の改善

言語療法では「言葉が出にくい」「うまくしゃべれない」「食べ物が飲み込みづらい」といったコミュニケーション障害、嚥下障害に対してリハビリテーションを行っています。

在宅復帰率と実績

在宅復帰率

当院の在宅復帰率は85%(平成29年10月現在)であり、入院された多くの患者様が再びご自宅へ戻って生活されています。ご自宅へ退院するにあたって、家屋改修や福祉用具の提案を行っています。また、必要に応じてリハビリスタッフが実際にご自宅へ訪問したり、退院後のサービスの利用について話し合いをしたりするなど、「過ごしやすい環境づくり」のお手伝いをしています。

FIMでわかる実績

当院では、患者様が日常生活の動作をどれだけ自身の力で行うことができるかを点数化し、わかりやすくしたものであるFIM (Functional Independent Measure) とよばれる評価方法を用いています。
当院に入院された患者様の入院時と退院時でFIMを比較してみました。
入院時に比べて、退院時のFIMが向上しています。

リハビリ風景


指先運動の訓練をしています

掃除動作の訓練をしています

握りやすいお箸を使って
食事の練習をしています

高次脳機能の訓練をしています

高次脳機能訓練をしています

作業療法で患者様が作った作品です