台東区三ノ輪|回復期リハビリテーション病棟

外来【同善会クリニック】はこちら

新型コロナウイルス感染症の院内クラスターの状況について

Covid-19新型コロナ感染症情報につきましては、本ページ下段「最新記事」にて更新中です。
新規の入院受入、面会(オンライン面会含む)は引き続き中止しております。
再開の目途が立ち次第、改めてホームページにてご案内いたします。

なお、当院の訪問診療及び当法人の同善会クリニックの外来診療につきましては、通常通り診療を行っております。
感染拡大を防ぐため、今後も感染対策及び検査を徹底してまいります。
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

医療法人社団 同善会
理事長 林 健太郎
同善病院長 辻 央生




365日体制の回復期リハビリテーション

365日体制の回復期リハビリテーション

当院のリハビリテーションは、
・歩行や基本動作能力などの改善を目的とした理学療法
・日常生活動作に密着した作業療法
・コミュニケーション能力及び摂食嚥下能力の改善を目的とした言語聴覚療法によって構成されています。
これらを患者様の症状やニーズ等を考慮しながらバランスよく組み合わせ、スタッフ間の連携の下にプログラムを作成します。

理学療法

歩行や基本動作能力の改善
脳血管疾患や運動器疾患により身体に障害のある患者様のために、運動療法や物理療法を行っています。痛みを軽くしたり、関節を動きやすくしたり、筋力をつけたりすることで、日常生活における寝返り・起き上がりや歩行などの質の向上を目指します。

作業療法

日常生活動作に密着した内容
作業療法では、生活そのものに着目し、食事やトイレ・入浴といった日常動作、家事や仕事などの社会生活での動作を考えてリハビリテーションを行い、患者様の能力を最大限に生かせるように、お手伝いをいたします。また、高次脳機能の向上を目的とした、机上での訓練も行っています。

言語聴覚療法

コミュニケーション能力及び摂食嚥下能力の改善
言語療法では「言葉が出にくい」「うまくしゃべれない」「食べ物が飲み込みづらい」といったコミュニケーション障害、嚥下障害に対してリハビリテーションを行っています。

患者様の人生・生活がより充実し輝くためのお手伝いをします。

回復期リハビリの入院では、365日・1日3時間のリハビリテーションを提供できます。

最新記事